誠意と感謝の気持ちを大切にする会社有限会社大橋技建 | 一般廃棄物収集運搬業・産業廃棄物収集運搬業

2018年7月21日

弊社 夏季休業のお知らせについて

日頃より大橋技建を御利用いただきまして、ありがとうございます。
日々猛暑との報道がありますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
弊社は従業員一同、溶けております(笑)。
厳しい暑さが続きますが、皆様熱中症には充分お気をつけ下さい。

さて、お盆も近づいてきたため、誠に勝手ながら、弊社の夏季休暇の日程をお知らせ致します。
なお、夏季休暇の前後は混雑が予想されるため、お早目の御予約をお願い申し上げます。

今後とも大橋技建を宜しくお願い致します。

 

夏季休業日

2018年7月21日

群馬県 許可証更新

投稿が遅くなりましたが、無事群馬県の許可更新を致しました。

これまで同様、大橋技建をお願い致します。

 

群馬県 H30許可証

2018年4月24日

GW(ゴールデンウィーク) 弊社予定について

日頃より弊社をご利用いただきありがとうございます。

さて、誠に勝手ながら、弊社GWの予定を画像にてお知らせ致します。

弊社を御利用いただいておりますお客様には大変御迷惑をお掛け致しますが、

何卒、御理解いただけますと幸いです。

また、5月の1日及び2日は混雑する場合が御座いますので、お早目の御連絡をいただくよう

ご協力の程お願い致します。

2018年4月3日

2018年 天平の丘 花まつり

皆様、お久しぶりです。

新年度も始まり、御忙しいことと思います。

 

桜も花開き、栃木県下野市では毎年恒例の「天平の丘 花まつり」が開催中です。

昨年から始まりました、花まつりとフェアレディZのコラボ・・・

昨年好評とのことで、今年も引き続き開催となりました(喜)

 

弊社にもフェアレディZ馬鹿が在籍しておりまして、参加致します。

フェアレディZ好きな皆様、是非ご来場下さい。

Zの話をしましょう!!

 

当日、弊社のZ馬鹿を御見知りの方は、声をかけてあげて下さい。

喜びます。

 

それでは、当日会場にてお待ちしております。

お知らせでした。

 

2018年1月9日

2018年

日頃より弊社をご利用いただいております皆様。

昨年中は大変お世話になりました。

本年も変わらぬお付き合いの程、切に御願い申し上げます。

 

さて、昨年は廃棄物処理法の改正がありまして、弊社では初の許可更新があります。

皆様に御迷惑を掛けることのないよう申請してまいります。

また、新たに許可の取得も考えており、弊社を利用していただくことへの利便性の向上を目指してまいります。

 

簡単ですが、新年の目標並びに新年のご挨拶とさせていただきます。

今後とも、有限会社 大橋技建を宜しくお願い致します。

2017年10月6日

廃棄物処理法施行令等の改正について

お久しぶりです。

前回更新から時間がだいぶ経ってしまいました。

というのも、法の改正がありまして、その対応に追われていました。

以下、皆様に廃棄物処理法施行令等の改正について記載致します。

内容は一部抜粋となりますので、御了承下さい。

 

--------------------------------

水銀に関する水俣条約の締結(我が国では2017年8月16日発行)に伴い、水銀の使用用途の制限及び廃棄について2017年10月1日より新たな対応が必要となりました。

具体的な内容は以下の通りです。

・対象となる廃棄物:①廃水銀等

          ②水銀含有ばいじん等

          ③水銀使用製品産業廃棄物(※)

・施行日     :平成29年10月1日より

・施工内容    :水銀の回収及び適正処理

※一部の電池、蛍光ランプ、電気制御用のスイッチ及びリレー、水銀体温計、水銀式血圧計等が対象

--------------------------------

かなり簡略化してお伝えしていますが、上記は普通産業廃棄物の情報であり、より詳しい内容及び特別管理産業廃棄物に関しては、環境省発行の水銀廃棄物ガイドラインを御覧下さい。

参考URL:http://www.env.go.jp/recycle/waste/mercury-disposal/index.html

 

話が難しいので要約しますと、

日本において、水俣病等、水銀による健康被害が発生した背景を踏まえ、水銀の使用の制限及び適正な回収を行なうことにより、世界的規模で同様の事件・事故を未然に防ぎましょうということです。

 

では、実際に廃棄する際にはどうしたらいいの?という御客様からの声が多く寄せられております。

特に、弊社の御客様の中で最も需要のある情報「水銀使用製品産業廃棄物」について今回は記載致します。

 

①他の廃棄物と混載せず、割らずに完全分別すること。

 ※もし、割れてしまった場合、袋等に入れ水銀使用製品産業廃棄物として処理。

②水銀使用製品産業廃棄物の許可を持った収集運搬業者及び処分業者に委託すること。

③契約書及びマニフェストに「水銀使用製品産業廃棄物」であることの旨を記載すること。

簡単にですが、上記の対応が必要となります。

 

さて、栃木県による9月7日の説明会時点では、栃木県内にて水銀使用製品産業廃棄物を処理できる中間処理場様は確認できない(積替え保管は除く)と県の方からの報告を受けています。

弊社では、法改正以前より健康被害や環境問題の観点より水銀使用製品産業廃棄物の適正処理を心がけ、他県の許可保有業者様とご契約を結ばせていただいております。

弊社と御契約していただいておりますお客様に関しましては、安心して弊社に御申しつけ下さい。

また、処理で御困りの業者様がいらっしゃいましたら、弊社に御問合せ下さい。

※事前に、産業廃棄物委託契約書の締結が必要となります。

 

長くなってしまいましたが、御不明な点や、具体的な内容が必要な場合には、御気軽に御問合せ下さい。

弊社担当が迅速に対応させていただきます。

 

※なお、平成29年9月7日時点の情報のため、変更等ありましたら、周知させていただきます。

2017年6月7日

2017年 環境展

さて、前回から久しぶりの更新となります。

先日2017年の環境展に参加させていただきました。

 

といいつつも、参加してから1週間が経過していますが・・・笑

記事の書く気のなさが垣間見えますね 笑

 

今回は、破砕機を中心に見させていただきました。

というのも、偶然にも破砕機を買いたいと御客様の御要望のため、

代打として下見に行きました。

 

なお、今回は目当ての破砕機を見つけることができなかったため、撤収!!

御客様からもキャンセルの御電話をいただいたので、結果オーライ♪

 

来年も参加したいと思います。

2017年4月20日

祝・認定!!

日頃より弊社を御利用頂いております御取引先様方、心より感謝申し上げます。

 

さて、今回の更新内容は弊社の自己満足の内容となっております。(笑)

先日、下野市様より、「ベストエコオフィス認定証」をいただきました。

ベストエコオフィスって何??と感じる方が95%と思います。

 

ベストエコオフィスとは・・・

下野市内に事業所を構え、かつ環境に良い取組を行なう企業を下野市様が評価・認定する制度です。

 

弊社もその「ベストエコオフィス」に無事認定していただくこととなりました。

(エコアクション21に取り組んでいるため、認定されなければ、泣くところでした)

・・・決してこれ以上に公表する内容がないわけではありません(笑)

 

今後とも環境保全を考える企業を目指してまいりますので、引き続き大橋技建をお願い致します。

認定証

2017年4月12日

ゴールデンウィーク 休業のお知らせ

御客様各位

拝啓 貴社ますますのご清祥のこととお喜び申し上げます。

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

さて、弊社のゴールデンウィーク期間中の営業日は下記の通りです。

御協力のほど御願い申し上げます。

なお、4月28日(金)、5月1日(月)、5月2日(火)は混雑が予想されますので、御早めの御予約を御願い致します。

中間処理場様の混雑状況によっては、御予約を受けかねる場合も御座いますので、御了承下さい。

敬具

5月8日(月)から通常営業致します。

2017年1月6日

2017年

新年明けましておめでとうございます。

弊社御取引様に関しまして、昨年中大変お世話になりました。

心より御礼申し上げます。

本年も変わらぬお付き合いの程を宜しくお願い申し上げます。

また、新規御取引様も随時募集させていただいておりますので、

弊社に少しでも興味を示していただける方は御一報下さい。

 

さて、前回の更新から随分と時間が経過してしまい大変申し訳御座いません。

産廃業界としては年末が多忙を極め、HP担当である私が少々サボっ・・・時間が取れず、

年末の挨拶もできずじまいでした。

新年を向かえ、暇に・・・気持ちを入替え新たなスタートを切るために更新させていただきます。笑

 

冗談も程々に、現在弊社では、御取引様に喜んでいただけるサービスを模索中です。

弊社としては御客様第一主義を貫きたいという思いから、

このサービスが皆様の御仕事に繋がれば・・・と考えております。

内容はここでは明かせませんが、皆様の今後の御発展のため尽力して参りますので、

大橋技建を上手く利用していただけると嬉しく思います。

 

以上、稚拙な文章でしたが、新年の御挨拶と共に大橋技建の近況報告でした。

アーカイブ